Home LocalAirport KIX ITM UKB NGO CTS SDJ FKS FSZ KMQ KIJ FUK KMJ OKA SHI ISG

 

 

2009年7月5日 JALツアーズ主催「747クラシックジャンボで那覇/下地島を飛ぶ2日間」が実施されました。

 

ツアーは、発売開始2時間30分で完売。募集人数は400名。約100名の方が参加できなかったとのことです。

 

 

【ツアースケジュール】

 

  7月4日    11:45〜14:15  東京/羽田〜JAL915便〜那覇(B747-400D JA8905)

 

       15:30〜17:30  ロワジールホテル沖縄にてトークショー

 

  7月5日    10:00〜11:00  沖縄/那覇〜JAL7473便〜下地島空港(クラシックジャンボ JA8183)

 

       12:40〜13:05  B747クラシックジャンボ JA8183 タッチ&ゴー

 

       15:30〜16:30  下地島空港〜JAL7473便〜沖縄/那覇(クラシックジャンボ JA8183)

    

       18:50〜21:15  沖縄/那覇〜JAL922便〜東京/羽田(B747-400D)

 

 

 

 2009年7月31日をもってJALのB747クラシックジャンボ最後の2機がホノルル及び千歳からのフライトをもって 退役します。これで国内のクラシックジャンボが全機退役です。

 クラシックジャンボは、B747-300。それに対し現在活躍しているのはハイテクジャンボと呼ばれるB747-400。

 この2機の違いはクラシックジャンボは機長・副操縦士・航空機関士の3名で乗務(3マンクルー)。

これに対しハイテクジャンボは機長・副操縦士の2名乗務。航空機関士の役目はコンピューターが担当。

クラシックジャンボの退役で日本の航空業界は、歴史的節目を迎えます。

 この航空業界の歴史的節目をクラシックジャンボに携わってきたJALの方々、そして飛行機を愛する方々と747クラシックジャンボに乗り 操縦士を育てる島である沖縄・下地島空港で最後のクラシックジャンボの雄姿、そして迫力あるタッチ&ゴーを記憶と記録に残してきました。

 

 

下地島へのチャター便名は

JAL「7473」

 定期便の無い空港が行き先

那覇空港

23番スポットで下地への出発を待つ

B747-300 JA8183

10:40

夏空が広がってます

Seat 54より

〜下地島空港〜

JA8183

11:00

予定より遅れて下地島空港RW35にランディング。しかし、生憎の雨模様。機内で待機中は外は雨。

しかし、降機中に雨はやみ、快晴時には撮ることができない水面に映るジャンボも撮ることができました。

訓練専用空港とのこともあり、乗客は見晴らし最高の屋根なしタラップよりエプロンに降り立ちました。

 

地元の子供たちが熱烈歓迎(^^)/ 横断幕をもって出迎えてくれました。

そして握手も求められたので軽く握手(^^)

 

JA8183

ひと仕事終えたクラシックジャンボ

下地空港裏

10台のバスでRW17エンドへ

バスを降りたら歓迎太鼓

短時間の滞在を楽しませてくれました。

 

 

 
 

B747 クラシックジャンボ

下地島ラストショーのはじまりです!

 
 

12:40

JA8183 離陸に向けてRW17へ進入

 

 

12:41

RW17より 水煙を上げてテイクオフ!

 

12:47

RW17 1stアプローチ まずは、タッチ&ゴー

 

12:47

RW17 1stタッチ&ゴー

 

12:52

2ndアプローチ RW17 下地ショット

快晴であれば水面はエメラルドグリーンのはず・・・。

 

 

12:52

2ndアプローチ RW17 ゴーアラウンド!

B747-300の特徴である主翼端のアンテナが映える一枚です。

 

 

12:56

3rdアプローチは、翼を左右に振って ご挨拶〜(^^)

曇天ですが、なんとなく飛行機のお腹が

エメラルドグリーンに染まっています。

 

 

13:05

4thアプローチは、RW35からのタッチ&ゴー

 
 

13:11

最後は「下地島空港」RW35へ ファイナルランディング

 

 

13:12

最後の下地ランディングを終えエプロンへ向かうJA8183

 

 

 

そして「下地島」との別れ。

下地島管制塔

15:40

下地島RW35

15:49

下地島上空 RW17

 15:52

 

 

日本航空インターナショナル

 

JA8183

Boeing 747-346SR

エンジン:JT9D-7R4G2

今回の下地島フライトにアサインされたJA8183の経歴

 

登録年月日 1987年12月01日

 747-300SR初号機(世界に4機だけ)

JA8183は、国内線用機材747-300SRの最初の機体。

747-300SRは、JALだけが4機のみ導入した機種で、世界で4機だけ。

1999年に国際線用に改修され、ソウル線・ホノルル線などに投入された。

2001年に新リゾッチャの白色塗装が施された。

2007年7月にJJ塗装(現行塗装)に変わり、国際線用キャビン仕様のまま、沖縄線をはじめ国内線に投入されている。

そして、2009年7月のフライトをもって退役。

 

 〜追伸〜

2009年8月20日・・・JA8183 抹消登録

ナイジェリアのエアラインMaxAirに売却が決定し「5N-DDK」の登録記号を取得。

 

Copyright(C) 2006-2010 Amaretto All right reserved

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll